2/13 第7回クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会 研究⼤会

2021年12月20日 他団体主催

研修タイトル:第7 回クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会 研究⼤会

⼤会テーマ :Brush up︕CCS 臨床教育〜成⼈教育学を学び、活かす〜

成⼈教育学は個⼈の経験を活かし、問題解決型の学習を⾏い、⾃ら動機を⾼めながら学び成⻑していく学習理論です。
臨床教育者はこうした理論を習得し、臨床技能を⾼めることや、教育システムを整備することが必要です。
よって、本研究⼤会では 成⼈教育学をCCS教育に活かすポイントや⽅法論などについて参加者と学びを深める機会としたいと思います。
⼤会⻑:⼩林 幸治(⽬⽩⼤学)

 

プログラム:

⼤会⻑講演︓『作業療法⼠にアンラーニングを教育する必要性』 ⼩林 幸治⽒(⽬⽩⼤学)

基調講演︓『臨床教育に必要な学習論』 三崎 ⼀彦⽒(⼩樽臨床作業療法研究会)

実践報告︓『養成校臨床実習における診療参加型教育の現状と課題』 岡⽥ 岳⽒(マロニエ医療福祉専⾨学校)

春⼭ 佳代⽒(医療創⽣⼤学)

 

⽇時:2022 年2 ⽉13 ⽇(⽇)13 時00 分-16 時30 分(受付開始12時30分〜)

場所:オンライン(Zoom使⽤)

対象:作業療法教育に関⼼のある⽅ 定員100 名

参加費:会員1000 円 ⾮会員2000 円

※申し込みと同時に会員申し込み可 年会費3000円

※⽇本作業療法⼠協会⽣涯教育制度基礎コース 1 ポイント付与

申し込み:パスマーケットというイベント管理サイトにてお申し込みを承ります。https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02anpc2v1h221.html

 

CCS研究大会チラシ2022