2/26 第8回クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会 研究大会

2023年01月06日 他団体主催

大会テーマ:地域リハビリテーションにおける臨床教育

指定規則の改正に伴い、臨床教育において「地域実習」を1単位以上行うという規定が追加されました。
地域リハビリテーションの臨床教育に、クリニカル・クラークシップの考え方はどう生かせるでしょうか。
そこで、今回、地域の現場で人材育成を実践されている先生や、
通所リハや訪問リハでの実習を実践されている先生をお招きして、どのような人材を育成していけば良いのか?
地域実習で何を学生に学ばせたいか?について皆様と考えて行きたいと思います。

 

大会長:岡田 岳(マロニエ医療福祉専門学校)

⽇時:2023 年2 ⽉26 ⽇(⽇) 14 時00 分-17 時00 分(受付開始13時30分〜)

対象:作業療法教育に関⼼のある⽅ 定員100 名

参加費:会員1000 円 ⾮会員2000 円 ※申し込みと同時に会員申し込み可 年会費3000円

※12時50分より、本会総会を⾏います。⾮会員の⽅もお気軽にご参加下さい。

※⽇本作業療法⼠協会⽣涯教育制度基礎コース 1 ポイント付与

開催⽅法:オンライン(Zoom使用)

プログラム:

大会長講演:『地域実習で何を学生に学ばせたいか?〜養成校の立場から〜』

      岡田 岳 氏  マロニエ医療福祉専門学校

基調講演:  『地域リハビリテーションにおける人材育成』

      細田 忠博氏 つくば市福祉支援センターさくら 管理者

      日本訪問リハビリテーション協会 理事

実践報告:  『地域リハ施設での実習で学生に学んでほしいこと』佐藤 純 氏  介護老人保健施設花水木

      八代 雄太氏 甲府共立診療所

 

申し込み:パスマーケットというオンライン決済システムにてお申し込みを承ります。
下記のURLから申し込みください。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/029qxcxpb0t21.html

CCS研究大会チラシ